株の証券会社の選び方

株の証券会社のえらびかたについて紹介したいと思います。証券会社によってはそれぞれ株取引のサービスや機能などが違っています。手数料なども全然違いますから賢く証券会社を選ぶことによって株の取り引きがスムーズになります。同じ一〇〇〇〇〇〇円の株取引手数料でも、ある証券会社は1000円、そしてある証券会社は1500円としますよね。そうすると500円の金額の差が出てきます。しかしこれだけで証券会社を選ぶというのはまだまだです。1000円の方は安いのですが実は1500円の方は、一律定額制だったとします。一律定額制の手数料が10000円だったとしてこれだと何度も株取引をしても10000円以上は支払わなくてもいいことになりますよね。しかし1000円の方は取引をするたびに手数料が必要だったとき、結局最終的に考えればどちらが安いか分かりますよね。何度も取引をする株取引のデイトレードの人の場合には、手数料一律制がいいかもしれませんね。

 

株取引の証券会社の口座は、このように、安いところを選ぶこともできますが、株取引の仕方によってそれぞれターゲットになる人というのは違っています。ですから自分の株取引の方法に合わせた証券会社を選ぶ必要があるというわけです。

株と証券会社の倒産

 

株と証券会社の倒産について紹介したいと思いますが、もしも株投資をしている段階で証券会社が倒産してしまったら株はどうなるのでしょうか。利用している証券会社が倒産した場合には、企業の倒産と同じ用に株の価値は0になるのかというと、証券会社の場合には株の価値は、全く変わりませんから、企業が倒産したときのように影響を受けることはありません。証券会社というのは、株投資家と、株を発行している企業の間にはいっている会社ですから、企業と株投資家の間での取り引きは間に入っている証券会社が倒産したとしても全く影響を受けることはないといわれています。証券会社を通じて、企業投資家で取引されている株というのは、証券会社が持っているわけではありませんから、株は証券会社が倒産しても影響は受けません。

 

では株券だけじゃなくて証券会社に株を買うお金を預けていると思いますが、こちらはどうなるのかというと、証券会社の資金とは別にきちんと管理されているものですから証券会社が倒産してしまったとしても、株のために用意していて証券会社の口座に預けていた資金というのはなくなるということはありませんし、もしも口座の資金がなくなったときでも、投資家保護基金というのがありますから上限で1000万円の保障があります。

株のデイトレードの基本

最近では株の投資のスタイルでもデイトレードが多いといわれていますよね。株のデイトレードというのはある企業の株をその企業の将来を見込んでかってずっと保有しているというものではなくて、毎日売ったり買ったり株価の動きに合わせて取引をして利益を得ているという株投資のスタイルです。株のデイトレードをして利益を上げている人はとても多いといわれていますが、デイトレードの基本は株や安く買って高く売ることです。そして取引は目いっぱいするのではなくてある程度考えて取引しましょう。毎日パソコンに張り付いてデイトレードで株の動きをしている人は多いといわれていますがやはりデイトレードでも毎日何を売って何を買ったのか、後で反省したり勉強したりする必要はありますね。

 

モバイルでも、デイトレードをすることができるようになりましたから外出先からでも株の売買をしている人もいると思います。しかし株の売買が手軽にできるからといって気軽に株の銘柄を選ぶというのは危険ですからきちんと株の銘柄を選ぶ時には、研究をしてそして身長に選ぶことがポイントです。株のデイトレードはなかなか根気が要りますし、株の知識も必要ですから初心者向けではないかもしれませんね。